【 ジャングリラ(Junglila) 】

【基本概要】
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:45分


オカズブランドの昨年秋ゲームマーケットの作品。

ダイスを振って出た目の資源を確保しつつ、特殊能力カードを獲得し、すごろくするゲーム。すごろくとはいえ、ゴールしたら勝利ではなく、特典として手番が来るたびに財宝カード=勝利点を獲得できるのが特徴。ですから、すごろくというよりは、カードを獲得して特殊能力を強化してゆくレースゲーム、という方が近いですかね。

ダイスゲームと聞くと手軽にできそうな感じがするけど、どの特殊能力カードを購入しようか考えたり、資源管理をしたり、競争したり、戦略的にも先行逃げ切りで財宝カードを手にするか、じっくりとカードを集めていくかの選択肢もあり、考えることは結構多く、プレイ時間は意外とかかります。

しかし特殊能力である程度コントロールできるとは言え、ダイス運に結構左右される部分も強いので、プレイ時間の割に消化不良感が残る。ダイスを使ってるけど、ダイスの出目で一喜一憂したり、大盛り上がりしたりする感じもないです。このプレイ感は、「王への請願」をモチーフにしたんだろうな、と気づくくらいのもの。

まぁつまり、何が言いたいかというと、悲喜こもごものドラマを見せてくれるダイスロールというメカニズムが、このゲームシステムではあんまり活かされていないように感じました。プレイ時間的にも。ツキに見放されたら離される一方のような気が……? で、結局手軽なの? 手軽じゃないの?と問われると、ちょっと考えてしまう。

正直、つまらなくはないけど、飛び抜けて光るものがあるわけではない佳作かな。同じプレイ時間なら、このゲームほど運に左右されない、もうちょっとしっかり考えどころのあるゲームをプレイすると思います。

タグ: 2人でも  ダイス  中量級 

スポンサーサイト

どうも、僕です。

またちょこちょこボードゲーム記事をアップしていきますよ! でも6月はプレイする機会はないかな! ということで、今回は推理ゲームである「薔薇の名前(The Name of the Rose)」。既に絶版タイトルですが、良き時代のフェルト作品ですので、見かけたらぜひプレイして見てください。なお、ウンベルト・エーコのミステリ小説が原作ですよ!

【 薔薇の名前 (The Name of the Rose) 】
IMG_2826.jpg
【基本概要】
プレイ時間:90分
プレイ人数:3〜5人
テーマ:修道院の殺人事件を解決しちゃう!
こんな人にオススメ!:原作が好き、正体隠匿ゲームが好き、推理ゲームが好き、ミドル級のゲームをプレイしたい、フェルトのファン、修道士が全員怪しい修道院なんてイヤだ


複雑になりすぎる前の、ちょうどいいミドルクラスを出していた頃のフェルトの作品。正直フェルトは、「ドラゴンイヤー(Im Jahr des Drachen)」とか「ートルダム(Notre Dame)」とか、コレとかくらいがちょうど良い。最近のフェルトは要素多すぎてどうしても好きになれない。


どんなゲームかっていうと、自分がどの修道士であるかを隠しながら、自分の担当する以外の修道士の疑惑を上げ、自らの修道士の疑惑を下げるゲーム。最終的に一番疑惑の少なかった修道士を担当するプレイヤーの勝利。方々で言われている通り、「アンダーカバー(Heimlich & Co.)」の複雑版。

ボードには修道院全景が描かれており、中には図書館とか畑とかがありまして、それぞれの修道士にはそうした場所でやらなければならない仕事があります。このやらなければならない仕事のある建物にその修道士がいるのは当たり前なので、疑惑は少なくなり、逆になんの用事もないはずなのにそこにいるってことは「アヤシイ!!」となって、疑惑が上がる仕組み。

これを利用して、修道士の疑惑を上げたり下げたりします。自分がどの修道士を担当しているかもバレてはいけないので(バレるとゲーム終了時にマイナスポイントになる)、適度に姿を隠しながらゲームを進める必要があります。また、毎ラウンドイベントがあったり、推理を披露する暴露イベントがあったりと、飽きさせない工夫も。


【良いところ】
◯自分に疑惑が向かないように策を弄する緊張感
犯人を推理するゲームではなく、自分の担当修道士がバレないように、他人の担当修道士を推理するゲームですから、あからさまな行動を取らないように、しかしながら自分の修道士が得をするようにプレイしなければなりません。これが、自分の修道士に得があるようにプレイすると、バレやしないかとドキドキ緊張します笑

◯修道院内事件のあやしさバッチリ
互いに疑心暗鬼になる雰囲気がゲームにバッチリ落とし込まれており、中世の修道院というあやしげなテーマも合間って、そういうテーマ性が好きな人には断然オススメ! と言っても、そうそう手に入る代物ではないので、特段テーマ性に興味がなければ、入手しやすい「アンダーカバー(Heimlich & Co.)」で良い。面白さの方向性は同じです。


【悪いところ】
×誰が何色かを推理しきれない、というか覚えていられない
よっぽど極端なプレイをしない限り、誰が何色かもしれない、とか、推理の材料になるはずの出来事を覚えていられません。みんながみんな適度な行動をとるので、「あのときこの行動を取ったからアヤシイ!」となりにくく、万が一あったとしても、次ラウンドあたりでは自分の色を隠すのに必死で、誰がどんな行動をとったかなんてすぐに忘れてしまうから、なんとも言えないプレイ感笑

×終盤に至るまで勝ち負けに絡めず中盤が淡白
そんなわけですから、推理の材料になるはずの序盤から中盤に、ぶっちゃけあんまり意味を見出せないようなプレイになってしまいます。よって、終盤に至りようやく勝敗の決するスタートラインに立つという感じ。うーん。プレイ時間がそれなりな割に、判断材料の比重が弱い気がします。なので中盤が若干淡白に感じますね。イベントカードがある程度のスパイスにはなっていますが。

×終盤が泥仕合になりがち
終盤にはとりあえず自分の担当じゃない色の修道士を怪しくする行動をとりがちになり、泥仕合の様相を呈します。
IMG_2827.jpg

【総評】
原作好きならマストプレイ。まぁ、「ウンベルト・エーコの薔薇の名前が座右の書です!」なんて人がいたら頭おかしいんちゃうかと思っちゃうので、古き良きフェルト好き、推理ゲーム好きなら楽しめるんじゃないかなって思います。

内容としては雰囲気のある「アンダーカバー」で、逆に言えば、「アンダーカバー」を複雑にしてプレイ時間を伸ばしたゲームって感じ。なので、「アンダーカバー」をイマイチと感じたのなら、敢えてプレイする必要はないと思います。

最後に誰がどの色の修道士かを当てるのですが、正直前半部分が消化試合すぎて、後半部分は他の修道士を陥れるための泥沼試合になってしまい、担当修道士の色を推理するまで行かないのが非常に惜しい。カード運が結構大きいため、どこまでを推理の材料にして良いのかを判断しづらいというのがもあるかも。

そんな理由から、ゲーム終了時の達成感や爽快感はあまりなく、結果として勝利した、という感じが強いのが残念なところ。雰囲気はばっちりあり、決してつまらないわけではなく、おもしろいのはおもしろいです。しかしながら、プレイ内容とプレイ時間がアンバランスかな、と感じました。

絶版商品なので、入手は難しいかもしれませんが、雰囲気ゲームが好きなら、見かけたらプレイしてみてはいかがでしょうか。なお、僕の推理ゲームベストは、ガチ論理なら「P.I.」、カジュアルなら「豚小屋」って感じ(人狼系は省く)。

ちなみに原作は映画化されており、主人公のウィリアム役にはショーン・コネリー。箱絵もそこはかとなくショーン・コネリーです笑

タグ: 中量級  推理  原作 

どうも、僕です。

あと少しで2016年が終わろうとしています。今年も色々なことがありました。転職したり、第二子が生まれたり、初めてゲームマーケットにいったり。でもゲームはあんまりできなかった一年でした。

さ、そんな2016年最後の投稿は、「キャプテン・ソナー(Captain Sonar)」のレビューです。

年末最後のゲーム会にてプレイしましたが。いやはや、これはすごい! 楽しい! やばいよ、むちゃくちゃおもしろいよ! これ、最高傑作です。

最大8人とか言いながら実質的に8人ゲーム。8人いるならこれやろう。それ以外のゲームはいらない。4人卓が2つ立つならこれをやろう。それ以外のゲームは不要。そう言い切れるくらいおもしろかった「キャプテン・ソナー」、レビューしていきます。

【 キャプテン・ソナー (Captain Sonar) 】
ファイル_000
【基本概要】
プレイ人数:2〜8人(おすすめは8人プレイ)
プレイ時間:30〜45分(リアルタイムだと30分かからない。ターン制だとそれ以上かかると思われる)
テーマ:なりきり潜水艦ゲーム
こんな人にオススメ!:8人集まる環境のある人たち全員


どんなゲームかというと、プレイヤーが潜水艦のクルーとなって、それぞれの役割を果たしながら、敵チームの潜水艦を撃沈するという。元ネタはみんな子どもの頃にやったであろう、潜水艦ゲームのそれ。それに移動が加わります。艦長が指示を出し、通信士は相手の通信を傍受して敵潜水艦の位置を割り出し、機関士は故障した装備を直し、航海士は装備を使用可能にする。そんなふうに、敵を撃沈するため、チームが一丸となって戦うゲームです。

ターンベースとリアルタイムがありますが、リアルタイムのがオススメ。


【良いところ】
○究極のごっこ遊び
「艦長! 敵潜水艦を発見しました!」「魚雷は使えるか!」「魚雷装填完了!」「よーし、奴らに目にもの見せてやれ! 魚雷発射よーい!」「ヨーソロー!」「発射!」→敵「艦長、直撃です!」

これを大の大人がやります。本気でやります。めちゃくちゃ楽しいです。

○役割分担の緊張感と達成感
それぞれが受け持つ役割は4種類あるのですが、決して捨ての役割がなく、報告含めるとどこも忙しい。それを聞きながら決断する艦長はかなり忙しい。でもそれを乗り越えて敵艦を撃沈すると、かなりの達成感。なお、敵艦の位置を1人で割り出す通信士は、かなり責任が重い模様(笑) 通信士はひとりで「スコットランド・ヤード」をやっていると考えれば良い^^;

ファイル_001
↑スタンバイオッケー! 本ゲームを始める前に、テストプレイをしてから本番を始めるのが良い。インスト漏れやルール確認を潰すためにも。リアルタイムでやるつもりならなおさら。

【悪いところ】
×8人必要
最低2人から遊べますが、チーム戦で、それぞれ4つの役割があるとなれば、必然的に8人欲しくなります。田舎ゲーム会では結構ハードル高いです。ギリギリ6人からなら楽しめなくはないでしょうけど、やっぱり8人欲しいなぁ……。

×全員がしっかりとルールを理解しておく必要がある
テストプレイをすればある程度解消するとはいえ、これは非常に重要。特にリアルタイムベースなゲームで、一言一言が相手との攻防に密接に繋がってくるとなれば、ゲーム途中にルール確認などをしようものなら途端にテンポは悪くなり、ゲームにダレが生じてしまいます。この辺りが初回のハードルを高くしているけど、まぁ、1回で終わるようなつまらなさではないので、初回プレイだけ我慢すれば良いか。


【総評】
2016年のベスト。

最後の最後にプレイしたから楽しさが上書きされてしまったのかとも思ったけど、思い返してみても、この楽しさを超える体験は他に思い当たりません。これまでにないプレイ感で、衝撃の時間を与えてくれた。

プレイが始まる前にワクワクしたゲームはあれど、加えて、緊張せずにはいられないゲームなんて他にはなかった。少なくとも、僕はこれだけです。

全員がリアルタイムで動き、相手チーム自分チーム問わずその発言がお互いにとっても重要であるため、ちょっとした手違いで破綻する危険性を秘めてもいますが、それも楽しさに内包できるプレイヤーたちならマストバイ。逆に、あくまで勝ち負けにこだわり、少しのミスも許容できないプレイヤーがいるのであれば、やめておきましょう。きっとガチケンカになります。

プレイに関してひとつアドバイスするとすれば、艦長ではない下々のプレイヤーは、艦長に逐一報告することを忘れずに! 役になりきって、「艦長、地雷使用不可!」「レーダー修復しました!」「艦長、北に潜航願います!」など、恥ずかしがらずに演じきりましょう。きっと艦長もノリノリで「よし! 北に急速潜航!」と答えてくれるはず。

そんな、ノレばノルほど楽しくなる、大人のロールプレイングゲームです。しかも30分かからないとなれば、これはやらずにははいられません! 全員が持っている必要はないけれど、誰かは所持しておきたい。それが8人が当たり前に集まる会ならなおさらです。

やらなきゃ損。2016年の大傑作。見かけたらぜひプレイしてください!!(その時は、リアルタイム一択で)

タグ: 中量級 


どうも、僕です。

昨日、我が家で餅つきをいたしました。エンターテイメントではありません。イベントでもありません。我が家で毎年行なっている苦行です。機械は使いません。臼と杵です。昨日は13臼つきました。未だに腕がプルプルしており、握る力がはいりません。

でもキーボードは打てるので今更ながら「ウェスト・オブ・アフリカ(West of Africa)」をアップ。


【 ウェスト・オブ・アフリカ (West of Africa)  】
IMG_1248.jpg
【基本概要】
プレイ人数:2〜5人
プレイ時間:90分(インスト20分)
テーマ:カナリア諸島で栽培したり市長になったりする
こんな人にオススメ!:硬派なゲームが好き、カードマネジメントが好き、マジョリティ争いが好き、市長になりたい、何もできなくても我慢できる、カナリア諸島が好き


どんなゲームかというと、カナリア諸島のそれぞれの島で作物を作って売って市長になって開拓地を建てるぞ!という。

アクションはカード選択制ですが、そのカードに数字が書いてあり、出したカードの合計の数が少ない順から行動を行うことができるタイプ。場合によっては他プレイヤーとアクションを行いたいエリアがかぶることもあり、手番が後になったせいで何もできないまま終わるということも起こりうる、開拓系の皮を被った硬派な読み合いゲームです。

【良いところ】
○読み合いが峻烈で苛烈
このゲーム、拡大再生産ではありません。栽培したから、市長になったから、開拓したから勝てるわけではありません。もちろんそうしなければ勝てないのですが、一番のキモは読み合いです。相手がどのアクションを行いたいのか読む。そして誰よりも多くアクションを実行する。そうしなければ市長になっても開拓地を建てても勝てません。読み合いが峻烈で苛烈なゲームです。

○なれどプレイ時間は中量級
そんな読み合いでピリピリしたゲームながら、プレイ時間はインストを除くと約60分程度。終盤にはみんな終了条件を満たそうとガンガン開拓地を建設するので、アレヨアレヨと終息は訪れます。硬派で重量チックなゲームながら、プレイ時間が短いのは良い。
IMG_1245.jpg
↑美しいボード上で描かれるのはカナリア諸島の開拓劇ではなく、プレイヤー同士の静かに激しい読み合いです。


【悪いところ】
×何もできないことがある
読み合いに負けると何もできずにターンを終えることがあります。きついです。泣けてきます。

×カードの使い方がわかりにくい
カードはそれ単体で使えるカードと、島と組み合わせないと使えないカードの2種類があり、アクション選択時に迷います。アクションの数が多いわけではありませんが、決して少ないということもなく、インストだけではわかりづらく、おそらくプレイ時には確実に迷うと思われます。

×展開に花がない
拡大再生産っぽく見えて、その実、拡大再生産の要素はないので、地味で展開に花がありません。後半は開拓合戦にシフトするので、飽きはありませんが、平板なゲーム展開がやはり気になります。


【総評】
地味。相当に地味です。カナリア諸島を開拓して行くという楽しげなテーマからは想像できないほどに。

で、派手な展開がない分、他プレイヤーとの絡みに重みがおかれており、どちらかというといぶし銀なプレイ感。このゲームのキモは読み合いにある感じ。どのカードをプレイするか。どの島でアクションを行うか。数字は小さく行くべきなのか。大きな数字でもいけそうなのか。相手はどこを狙っているのか。

その読み合いに勝ち残りながら、得点を稼いで行くという、息苦しさの強い玄人好みのゲームだと感じます。美しいパッケージアートワークと上々の評判に乗せられて期待をふくらませてプレイしましたが、個人的にはマァマァという印象を受けました。

ということはつまり、自分の言を用いれば、僕は玄人ではないということになります笑 同じく渋くいぶし銀なプレイ感である、「シェイクスピア(Shakespeare)」を好む人なら合いそうかも?

シェイクスピア(Shakespeare):地味でいぶし銀。コツコツ系ボードゲーム


↑和訳ルールはBGGに上がっていますし、自分も自力で訳しましたので、欲しい人には差し上げます。でもBGGの方が出来が良い。

タグ: 中量級  陣取り  カードマネジメント  心理戦 


どうも、僕です。

エッセンの時期がやって来て、そしてブログを更新する間も無く終わりましたね笑 今年も気になるゲームがたくさん出ているようで! プレイするのが楽しみです。でもプレイする時間が全くありません。全然ゲーム会行けてません。主催者なのに。

そんな鬱憤を晴らすため! 今年のゲームマーケットには行きます! 初ゲームマーケットです。行かれる方、もしかしたら会場でお会いするかもしれませんので、見かけた方はお声をかけてください。というか顔知らないですよね。代わりにくさのまさんを探してください。その近くにいると思います。


さて、そんなわけで、久しぶりのボードゲームレビューです。今回は国産ゲームの「街コロ」です。今更です。しかしめっさおもろいです。トモォゥはこれ、大好きです。

そんな「街コロ」の評判を仲間らに聞いたときには、
「まぁまぁですね」
「うん、まぁまぁ」
「ゲーマー向けではないよね」

と聞いていたので、年間ゲーム大賞ノミネートと聞いても食指が動かず、やりもしなかったのですが。歳の離れた従兄弟が遊びに来るというので、一緒に遊ぶために購入してみました。

したらびっくり! これ、めっちゃオモロイじゃないですか!! 誰だよ「まぁまぁ」とか抜かしたやつ!! 出てこいや!! グランディングに謝れ! 菅沼さんに謝れ!!

いやー、グランディングすげーの出してきたなぁ。年間ゲーム大賞ノミネートも納得の出来です。というかなぜこれが大賞じゃないのか。不思議でならない。どう考えてもこれ大賞でしょう。

まぁ、劇的に面白いとおもったのは、拡張のプラスを入れてからなんだけれども。それを考えたら、単体では大賞次点といったところなのでしょうか。ただ、「街コロ」+「街コロプラス」なら確実に大賞だったな!というくらい、このコンボはおもしろい作品です。

まぁ、そんな僕の気持ちはさておき、さっそく今更感満載なレビューに行きたいと思います。

【 街コロ 】
IMG_1556.jpg
【基本概要】
プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:30〜45分
テーマ:ダイスで街づくり
こんな人にオススメ!:ボードゲームってなぁに?、ボードゲームってなぁに?という人と遊ぶ、適度に軽いゲームが好き、運が強くても嫌いじゃない、ポップなイラストが好き、ダイスを使ったゲームが好き、街づくりゲームが好き、国産ゲームが好き


どんなゲームかっていうと、もうみんな知ってるよね?!的なくらい有名になってしまいましたが。一応簡単に説明。

ダイスを振ると、そのダイス目に対応した建物の効果が発動する。そうして得たコインで新たな建物を買って、どんどんコインを増やしていって、最終的に工事中のランドマークを全部立てたプレイヤーの勝ち!という。うーん。シンプル。

当然ながら運の要素が強いです。


【 良いところ 】
○運ゲーなのに戦略性があるかのように楽しめる
金を集めてランドマークをすべて建てたら勝ち。そのためにダイスを転がして、収入を得て、自分に必要な建物を建ててゆきます。終わりは決まっており、よって結局のところ◯金をいかに稼ぐかという点に収束する運の強いダイスゲームなんですけど、その道筋をプレイヤーが自由に選べるから、あたかも戦略を練っているような気にさせてくれます。ライトゲーマーにウケてるの、すごくよくわかります!

○ポップなイラスト、そしてわかりやすいルール
ポップで可愛らしいイラストのパッケージが目を引きます。当然カードイラストも可愛く、テキストが書いてあるので遊びやすい。そうして買ってみてルールを読んだら、わかりやすい。よし、遊ぼう! うわ、たのしー! ……こんな一般人の心の動きが至極簡単に想像できるくらい、ゲーマーではない、フツーの皆様に訴求力があります。見た目が良くてもわかりにくかったり、遊んでもイマイチだったりするゲームもありますが、この「街コロ」にはそうした一般人が家族や友人と遊ぶシーンとしては、非が見当たりません。
IMG_1557.jpg
↑ポップで可愛らしいイラストに、わかりやすく遊びやすいルール。10種類の建物しか場に置かないヴァリアントルールを採用すれば、準備も簡単でよりライト向け。ゲーマーには物足りなくても、一般には間違いなくウケる。グランディングにはほんと頭が上がりません。


【 悪いところ 】
×戦略性があるように見えて運ゲー
前項で「非が見当たらない」と述べしましたが、それはあくまで一般人が触れる場合のこと。ゲーマーや、やり込んでしまうと、見えて来ます。これは運ゲーです。どんなに頑張ったところで、運の強さは隠しきれません。ダイス目が悪いと何もできず離されます。拡張「街コロプラス」の役所を入れることで緩和されますが……、例えば慣れた人相手で、自分のダイス目が悪く、場に全てのカードが出ている状況だと、まず勝てないと考えてよいでしょう。

×離されると挽回が難しい
前述しましたが、挽回が難しいゲームです。というのも、ダイス運というのはどうあがいてもコントロールできるものではないので、どのようなダイス目が出ても対応できるよう満遍なく整えていくのがダイス運を抑える方法のひとつとなりますが、皆がそのような形で場を整えていくと、結局ダイス運になり、コントロールできないが故に挽回が限りなく難しくなります。トントンであれば勝負になるのですが……、そうでないと死にゲームになってしまう恐ろしさもあります。

×後半になるにつれ処理が長くなる
同様に後半になると、カードが増えてどんどん効果処理が増えます。そうするとダイスを振るだけという手番が回ってくるのも遅くなります。これをダイナミックと取るか、テンポが悪いと取るか。良し悪しかな。あと、場所もかなりとります。これは日本の住宅事情には大きくマイナス。


【 総評 】
ヘビーゲーマーとライトゲーマーあるいは一般人とで評価が大きく異なるゲームだと思います。

自分はボードゲームオタクではありますが、割と45〜60分程度のゲームを好む傾向にあり、適度な運要素が入っていることがポイントとなる人間なので、今回の「街コロ」は衝撃的な大ヒットタイトルとなりました。

正直、ゲーマーの人たちは、早々に運ゲーだと気づいてしまうと思います。しかし、それに気づいて「運ゲーだ」と言い切ってしまうか、それに気づいてもあえてゲームに遊ばれるかで、このゲームの評価……いや、見方って全然異なっちゃうんじゃないかなーと感じました。

個人的にはゲームなんだから遊ばれてもいいと思うんですが、ゲーマーって悲しいかな、メカニズムの欠点にすぐ気づいちゃうんですよね^^;(今回の場合、運ゲーであることがそれ) そう考えると、もっともこのゲームを楽しめるのは、人生ゲームやウノくらいしかアナログゲームを知らないプレイヤー、つまりはゲーマー以外の人間なんだろうな、と思います。

かつて僕は「ドミニオン」をプレイした時に強い衝撃を受け、それがボードゲームにはまるきっかけとなりました。しかし、「ドミニオン」はやはり一般向けというよりはゲーマーとかそっちのジャンルに興味の有る人間に対しての訴求力が強かったように思えます。

けれどもそれに比べると「街コロ」は、カジュアルでポップなイラストで入り口は入りやすいし、ルールも非常に簡単で覚えやすい。そして楽しい! ぜひともアナログゲームにあまり触れたことのない方に遊んで欲しい!!

大人でも子どもでも親子でも友人たちとも楽しめる、本当にサイコーのゲームです。


追伸。
11月27日(日)に、福島県いわき市にあります、いわき市文化センターにおいて、「いわきボードゲームフェスタ」を開催します。第1回目となりますので、オープン定例会に毛の生えたイベント程度と考えており、集客はあまり見込んでおりませんが、興味のある方はお越しください。ポスター等が完成しましたら、改めて告知します。

タグ: 中量級  2人でも  家族で  ダイスゲーム  カードゲーム