どうも、僕です。

またちょこちょこボードゲーム記事をアップしていきますよ! でも6月はプレイする機会はないかな! ということで、今回は推理ゲームである「薔薇の名前(The Name of the Rose)」。既に絶版タイトルですが、良き時代のフェルト作品ですので、見かけたらぜひプレイして見てください。なお、ウンベルト・エーコのミステリ小説が原作ですよ!

【 薔薇の名前 (The Name of the Rose) 】
IMG_2826.jpg
【基本概要】
プレイ時間:90分
プレイ人数:3〜5人
テーマ:修道院の殺人事件を解決しちゃう!
こんな人にオススメ!:原作が好き、正体隠匿ゲームが好き、推理ゲームが好き、ミドル級のゲームをプレイしたい、フェルトのファン、修道士が全員怪しい修道院なんてイヤだ


複雑になりすぎる前の、ちょうどいいミドルクラスを出していた頃のフェルトの作品。正直フェルトは、「ドラゴンイヤー(Im Jahr des Drachen)」とか「ートルダム(Notre Dame)」とか、コレとかくらいがちょうど良い。最近のフェルトは要素多すぎてどうしても好きになれない。


どんなゲームかっていうと、自分がどの修道士であるかを隠しながら、自分の担当する以外の修道士の疑惑を上げ、自らの修道士の疑惑を下げるゲーム。最終的に一番疑惑の少なかった修道士を担当するプレイヤーの勝利。方々で言われている通り、「アンダーカバー(Heimlich & Co.)」の複雑版。

ボードには修道院全景が描かれており、中には図書館とか畑とかがありまして、それぞれの修道士にはそうした場所でやらなければならない仕事があります。このやらなければならない仕事のある建物にその修道士がいるのは当たり前なので、疑惑は少なくなり、逆になんの用事もないはずなのにそこにいるってことは「アヤシイ!!」となって、疑惑が上がる仕組み。

これを利用して、修道士の疑惑を上げたり下げたりします。自分がどの修道士を担当しているかもバレてはいけないので(バレるとゲーム終了時にマイナスポイントになる)、適度に姿を隠しながらゲームを進める必要があります。また、毎ラウンドイベントがあったり、推理を披露する暴露イベントがあったりと、飽きさせない工夫も。


【良いところ】
◯自分に疑惑が向かないように策を弄する緊張感
犯人を推理するゲームではなく、自分の担当修道士がバレないように、他人の担当修道士を推理するゲームですから、あからさまな行動を取らないように、しかしながら自分の修道士が得をするようにプレイしなければなりません。これが、自分の修道士に得があるようにプレイすると、バレやしないかとドキドキ緊張します笑

◯修道院内事件のあやしさバッチリ
互いに疑心暗鬼になる雰囲気がゲームにバッチリ落とし込まれており、中世の修道院というあやしげなテーマも合間って、そういうテーマ性が好きな人には断然オススメ! と言っても、そうそう手に入る代物ではないので、特段テーマ性に興味がなければ、入手しやすい「アンダーカバー(Heimlich & Co.)」で良い。面白さの方向性は同じです。


【悪いところ】
×誰が何色かを推理しきれない、というか覚えていられない
よっぽど極端なプレイをしない限り、誰が何色かもしれない、とか、推理の材料になるはずの出来事を覚えていられません。みんながみんな適度な行動をとるので、「あのときこの行動を取ったからアヤシイ!」となりにくく、万が一あったとしても、次ラウンドあたりでは自分の色を隠すのに必死で、誰がどんな行動をとったかなんてすぐに忘れてしまうから、なんとも言えないプレイ感笑

×終盤に至るまで勝ち負けに絡めず中盤が淡白
そんなわけですから、推理の材料になるはずの序盤から中盤に、ぶっちゃけあんまり意味を見出せないようなプレイになってしまいます。よって、終盤に至りようやく勝敗の決するスタートラインに立つという感じ。うーん。プレイ時間がそれなりな割に、判断材料の比重が弱い気がします。なので中盤が若干淡白に感じますね。イベントカードがある程度のスパイスにはなっていますが。

×終盤が泥仕合になりがち
終盤にはとりあえず自分の担当じゃない色の修道士を怪しくする行動をとりがちになり、泥仕合の様相を呈します。
IMG_2827.jpg

【総評】
原作好きならマストプレイ。まぁ、「ウンベルト・エーコの薔薇の名前が座右の書です!」なんて人がいたら頭おかしいんちゃうかと思っちゃうので、古き良きフェルト好き、推理ゲーム好きなら楽しめるんじゃないかなって思います。

内容としては雰囲気のある「アンダーカバー」で、逆に言えば、「アンダーカバー」を複雑にしてプレイ時間を伸ばしたゲームって感じ。なので、「アンダーカバー」をイマイチと感じたのなら、敢えてプレイする必要はないと思います。

最後に誰がどの色の修道士かを当てるのですが、正直前半部分が消化試合すぎて、後半部分は他の修道士を陥れるための泥沼試合になってしまい、担当修道士の色を推理するまで行かないのが非常に惜しい。カード運が結構大きいため、どこまでを推理の材料にして良いのかを判断しづらいというのがもあるかも。

そんな理由から、ゲーム終了時の達成感や爽快感はあまりなく、結果として勝利した、という感じが強いのが残念なところ。雰囲気はばっちりあり、決してつまらないわけではなく、おもしろいのはおもしろいです。しかしながら、プレイ内容とプレイ時間がアンバランスかな、と感じました。

絶版商品なので、入手は難しいかもしれませんが、雰囲気ゲームが好きなら、見かけたらプレイしてみてはいかがでしょうか。なお、僕の推理ゲームベストは、ガチ論理なら「P.I.」、カジュアルなら「豚小屋」って感じ(人狼系は省く)。

ちなみに原作は映画化されており、主人公のウィリアム役にはショーン・コネリー。箱絵もそこはかとなくショーン・コネリーです笑

タグ: 中量級  推理  原作 

スポンサーサイト