【 そっとおやすみ 】

【基本概要】
プレイ人数:3〜7人
プレイ時間:5分

カードをドラフトして、4枚揃ったら誰にも気づかれないようにそっと伏せる。他のプレイヤーは、誰かがカードを伏せたのを確認したら、カードが揃ってなくてもそっと伏せる。で、一番伏せるのが遅かった人がおねむちゃんになるという子ども向けゲーム。

すごろくやで日本語版として再販しましたが、それまでは結構なプレミア価格であったというのは有名な話、らしい。

さて、この「そっとおやすみ」、ルールを聞いた時にはめっちゃ面白そうと思ったけど、実際にやってみるとカードが結構揃いすぎるし(ジョーカーの枚数が多い)、ドラフトする中で誰かが伏せるか伏せないかに気を配るだけなので、意外と単調です。

それは、システムの中にプレイヤーの注意をそらすものが存在しないから。

不慣れな最初こそ「あいつまだ気づいてねークスクス」というのがあるけど、2〜3ゲームやれば、誰かが伏せた瞬間に他のプレイヤーも伏せるスピード勝負に変わってしまって、ゲーム性が作者の意図したものと全く異なるものに変貌してしまうのが気になりました。

このゲームみたいに相手の目をかいくぐって何かするのがゲームの面白さに直結しているシステムだと、「いかさまモス(Mogel Motte)」(いかさまゴキブリ)のように、スキを生じさせるためのアクションの存在がめちゃくちゃ重要なんだなって実感させられました。

そういった意味では、子どもと遊ぶにはまだこのくらいが良いのかもしれないけど、大人同士がワイワイ盛り上がるには、このゲームでは物足りません。散々パクリパクリと言われていますが、「ゾン噛ま PARTY!! ~ゾンビにかまれて~」がめっちゃ優秀。まぁ、「揃ったら伏せる」というメインシステムをして換骨奪胎というかどうかは置いといて、「ゾン噛ま〜」は山札から引いたり、プレイしたり、特殊カードを出したりして、いわゆる視線と注意をそらす工夫が満載。

「気づいたらみんな伏せてた」みたいなことも結構あって、断然「ゾン噛ま〜」のがオススメ!


というわけで、小さい子どもと遊びたいなら「そっとおやすみ」(それでも小学生くらいになると物足りないでしょう)、大きいお友達とワイワイ楽しみたいなら「ゾン噛ま〜」。どちらとも遊ぶ機会があるのなら、どちらもマストバイ。どちらか片方しか機会がないなら、どちらかをマストバイです。

個人的には「ゾン噛ま PARTY!! ~ゾンビにかまれて~」を遊び尽くすつもり!!!


関連レビュー:
いかさまモス(Mogel Motte)(いかさまゴキブリ):今世紀サイコーのパーティゲーム!


↑「ゾン噛ま PARTY!! ~ゾンビにかまれて~」を買うなら拡張も必ず買いましょう。特殊カードが一気に増えて楽しくなります。

タグ: 軽量級  家族で  カードゲーム 

スポンサーサイト
【 カヤナック(Kayanak) 】
IMG_3073.jpg
【基本概要】
プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:20分

ハバ社の体感型ゲームの傑作。氷原に釣り穴をあけて魚を釣ろう!というゲーム。

箱そのものをゲーム盤として使います。ボードが重ね蓋になっていて、箱の中に魚に見立てた鉄球をばら撒きます。そしてA4用紙を氷に見立てて穴の空いた氷原ボードに挟み込みます。すると、氷の下で魚が泳ぐ氷原の完成! この氷原にピッケルで穴を空ける=A4用紙をぶち抜いて、マグネットのついた釣り竿で魚=鉄球を釣り上げるわけです。

テーマや見た目からして、子ども向け! ダイスを使った移動や邪魔のしあいはありますが、深いゲーム性はありませんし、若干の蛇足感が漂うスパイス程度。しかし、絶大なる体感蝕が子どもと大人を魅了すること間違いなし!

穴を開けた時の「ギュポッ」という音と感触が心地よい! さらには魚が引っかかった時の「カチッ」と伝わってくる感触も快感すぎる!!

このふたつの体感がこのゲームの肝。親御さんには、ぜひこの感触とごっこ遊びでお子さんのイマジネーションを育てて頂きたいですね! 何れにしても、一連の行動が繋がっていてストーリー的に非常にわかりやすく、まさに知育玩具的意味合いをもつボードゲームであり、ハバ社の傑作と言えます。

アナログゲームに疎い日本の親御さんには、ぜひ触れて衝撃を受けてもらいたいタイトルです。新版が流通していますので、ぜひ体感してみてください。

IMG_3074.jpg
↑ボードの下に見えるのはいわき市内のチラシ笑 雰囲気まで楽しむなら、もったいなくても白いコピー用紙を使いましょう^^;

ちなみに、僕はアレンジで付属の鉄球に加え、パチンコ玉をばらまいてます。パチンコ玉は結構な重量があり、釣り上げた時の満足感は非常に大きいです。その際には、小玉1点、中玉2点、パチンコ玉3点にしてます。得点幅が大きくなってゲームが大味になりそうだけど、そもそも子ども向けなので、感触第一で笑


↑現在流通しているものは新版。旧版は絶版のようです。ですが、旧版の方が箱絵もコマも好みです。

タグ: 家族で  軽量級  2人でも  アクション 

【 ジャンプドライブ(Jump Drive) 】
IMG_3344.jpg
【基本概要】
プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:15分

巷では「レースフォーザギャラクシー(Race for the Galaxy)」をスピーディに楽しめると言われており、RFtGファンの間では若干話題になっているカードゲーム、「ジャンプドライブ(Jump Drive)」。

自分もRFtGファンのひとりですから、これはやらねばなるまい!と早速購入してプレイ。しかしながら、まぁ、前評判から「ザ・シティ(The City)」リメイクと言われていた通り。RFtGとはまったくの別ゲーム。「ザ・シティ」の感想通り、クソゲーとまではいかなくとも、微妙ゲーでした。「ザ・シティ」をプレイしたことのある方は推して知るべし。

↓「ザ・シティ」のレビュー記事
ザ・シティ(The CITY):〜都市建設は豪快に采配しなけりゃ未来ナシ!

まぁ、「レースフォーザギャラクシー」の雰囲気は味わえるかな。イラストがまんまRFtGだからね。ただ、マニュアルにもコンボでゲームを盛り上げよう的なことが書かれていますが、RFtGであったようなコンボなんて、ぶっちゃけほとんどないです。

コンボって、色々な効果を組み合わせることによって、複合的に様々な戦略を生み出す要素だと思いますし、実際RFtGは結構な枚数のカードと色々な効果がありますし、生産なり出荷なり、王道はあれども、何度も遊ぶことで見えてくる新たな組み合わせが楽しいわけで。

しかし、この「ジャンプドライブ」ではぶっちゃけ収入&得点しかカード効果がありません。あるにはあるけど、深みのある効果や組み合わせはないと言ってしまって誤りないでしょう。そこに戦略性はない。

IMG_3345.jpg

そんな「ジャンプドライブ」。手軽に「レースフォーザギャラクシー」の雰囲気を楽しみたい時にはいいかもしれない。でも、そもそも手軽にRFtGを楽しみたい時ってどんなとき?みたいな。だったら最初からRFtGやるわい、と……。少なくとも2人プレイなら、RFtG一択。3〜4人プレイだったとして、もっさり展開が好ましくないなら、まぁ「ジャンプドライブ」かな。ただ僕なら、3〜4人の時は、経験者のみ集めてやるし……、初心者交えて複数人プレイはやらないし……、結局RFtGやるわな笑

手軽なのは間違いないけど、スピーディと良い方に取るか、大雑把で雰囲気だけと取るか。個人的にはやっぱり大雑把ととる。これは「ザ・シティ」の感想と同じです。こんなことなら、「ザ・シティ」を調整して再販してもらった方が良かったなぁ。RFtGファンが、RFtGのスピンオフを期待すると、ちょっとがっかりすると思う。

それはそれとして、副会長曰く、「トム・レーマンはダメだ」とのこと。確かに、彼のゲームはどうにも「う〜ん……」なものが多いですよねェ……。


↑「レースフォーザギャラクシー」の日本語版って再販待ちなんですね。プレミア価格でびっくり。あ、「ロールフォーザギャラクシー」も好きです。


タグ: 軽量級  2人でも  カードゲーム 

【キャッチ・ミー(Hasch mich!)】

【基本概要】
プレイ人数:2〜7人
プレイ時間:15分


キャッチミーイフユーキャン!


プレイヤーはネズミと猫に別れます。ダイスを振り、猫は出た色に対応するネズミを缶カラでとっ捕まえる。それだけ。

という、反射神経を競うだけのなんてことないゲームですが、これがおもしろい。特に子どもたちには大好評。多少大きくなると物足りないと思うけど、小さなお子さんのいる家庭ならマストバイ。でも1才年齢差があるだけでも、勝負に大きな差がでてしまうので、手加減のできる大人が必ず入りましょう笑

なお、「キャッチ・ミー」のコンパクト版である「キャッチマウス」は、缶入りのため持ち運びに便利ですが、手や指が挟まるとめっちゃ痛い! 持ち運びせず、主に自宅で遊ぶなら、ちょっと高めですが、「キャッチ・ミー」をお勧めします。

いろいろなところに持ち出すのであれば、「キャッチマウス」を。ただし遊ぶとき、特に子どもと遊ぶときには、十分に注意して遊んでください。また、子どもたちにも「当たったらめっちゃ痛いから気をつけてよ!!」と注意喚起することを強く推奨します。

マジで。缶に指を潰されたら泣きます。大人でも。

タグ: 軽量級  家族で  2人でも 

【 どうぶつしょうぎ 】
IMG_1845.jpg
【基本概要】
プレイ人数:2人
プレイ時間:10分


いやー、えーです、これ。

えーですよ! 大ヒットした理由がわかります。

まず、コンポーネント。コマが大きい木製で、触り心地が素晴らしく、手に馴染む。このコマを使って遊ぶというだけでも、子どもたちはワクワクするはず。絵柄も可愛い。

また、移動方向がドットで表されているのもわかりやすくて革新的。

ルールも将棋をかなりシンプルに落としていて、盤面も狭いからダラケがない。取ったり取られたりを繰り返し、すぐにクライマックス。

盛り上がりはないけど、わかりやすくて遊びやすいため、3歳からでも楽しめます。勝ち負けはさすがに辛いけど、大人が誘導してやれば勝ちに導くことができるので、子どもも満足するハズ。むしろ、本気で勝ってしまう大人はダメな大人です笑

なによりコスパ最強。子どもがいる家庭は買わなきゃソン!!

なお、とある父親は、4歳になった息子と本気の勝負をして、本気で負けてしまう模様……、父親の友人も、4歳児と本気の勝負をして負けてしまう模様……。あらゆる意味でダメな36歳がここにふたりも……。

タグ: 2人で  軽量級  家族で