【 ジャングリラ(Junglila) 】

【基本概要】
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:45分


オカズブランドの昨年秋ゲームマーケットの作品。

ダイスを振って出た目の資源を確保しつつ、特殊能力カードを獲得し、すごろくするゲーム。すごろくとはいえ、ゴールしたら勝利ではなく、特典として手番が来るたびに財宝カード=勝利点を獲得できるのが特徴。ですから、すごろくというよりは、カードを獲得して特殊能力を強化してゆくレースゲーム、という方が近いですかね。

ダイスゲームと聞くと手軽にできそうな感じがするけど、どの特殊能力カードを購入しようか考えたり、資源管理をしたり、競争したり、戦略的にも先行逃げ切りで財宝カードを手にするか、じっくりとカードを集めていくかの選択肢もあり、考えることは結構多く、プレイ時間は意外とかかります。

しかし特殊能力である程度コントロールできるとは言え、ダイス運に結構左右される部分も強いので、プレイ時間の割に消化不良感が残る。ダイスを使ってるけど、ダイスの出目で一喜一憂したり、大盛り上がりしたりする感じもないです。このプレイ感は、「王への請願」をモチーフにしたんだろうな、と気づくくらいのもの。

まぁつまり、何が言いたいかというと、悲喜こもごものドラマを見せてくれるダイスロールというメカニズムが、このゲームシステムではあんまり活かされていないように感じました。プレイ時間的にも。ツキに見放されたら離される一方のような気が……? で、結局手軽なの? 手軽じゃないの?と問われると、ちょっと考えてしまう。

正直、つまらなくはないけど、飛び抜けて光るものがあるわけではない佳作かな。同じプレイ時間なら、このゲームほど運に左右されない、もうちょっとしっかり考えどころのあるゲームをプレイすると思います。

タグ: 2人でも  ダイス  中量級 

スポンサーサイト
【 カヤナック(Kayanak) 】
IMG_3073.jpg
【基本概要】
プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:20分

ハバ社の体感型ゲームの傑作。氷原に釣り穴をあけて魚を釣ろう!というゲーム。

箱そのものをゲーム盤として使います。ボードが重ね蓋になっていて、箱の中に魚に見立てた鉄球をばら撒きます。そしてA4用紙を氷に見立てて穴の空いた氷原ボードに挟み込みます。すると、氷の下で魚が泳ぐ氷原の完成! この氷原にピッケルで穴を空ける=A4用紙をぶち抜いて、マグネットのついた釣り竿で魚=鉄球を釣り上げるわけです。

テーマや見た目からして、子ども向け! ダイスを使った移動や邪魔のしあいはありますが、深いゲーム性はありませんし、若干の蛇足感が漂うスパイス程度。しかし、絶大なる体感蝕が子どもと大人を魅了すること間違いなし!

穴を開けた時の「ギュポッ」という音と感触が心地よい! さらには魚が引っかかった時の「カチッ」と伝わってくる感触も快感すぎる!!

このふたつの体感がこのゲームの肝。親御さんには、ぜひこの感触とごっこ遊びでお子さんのイマジネーションを育てて頂きたいですね! 何れにしても、一連の行動が繋がっていてストーリー的に非常にわかりやすく、まさに知育玩具的意味合いをもつボードゲームであり、ハバ社の傑作と言えます。

アナログゲームに疎い日本の親御さんには、ぜひ触れて衝撃を受けてもらいたいタイトルです。新版が流通していますので、ぜひ体感してみてください。

IMG_3074.jpg
↑ボードの下に見えるのはいわき市内のチラシ笑 雰囲気まで楽しむなら、もったいなくても白いコピー用紙を使いましょう^^;

ちなみに、僕はアレンジで付属の鉄球に加え、パチンコ玉をばらまいてます。パチンコ玉は結構な重量があり、釣り上げた時の満足感は非常に大きいです。その際には、小玉1点、中玉2点、パチンコ玉3点にしてます。得点幅が大きくなってゲームが大味になりそうだけど、そもそも子ども向けなので、感触第一で笑


↑現在流通しているものは新版。旧版は絶版のようです。ですが、旧版の方が箱絵もコマも好みです。

タグ: 家族で  軽量級  2人でも  アクション 

【 ジャンプドライブ(Jump Drive) 】
IMG_3344.jpg
【基本概要】
プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:15分

巷では「レースフォーザギャラクシー(Race for the Galaxy)」をスピーディに楽しめると言われており、RFtGファンの間では若干話題になっているカードゲーム、「ジャンプドライブ(Jump Drive)」。

自分もRFtGファンのひとりですから、これはやらねばなるまい!と早速購入してプレイ。しかしながら、まぁ、前評判から「ザ・シティ(The City)」リメイクと言われていた通り。RFtGとはまったくの別ゲーム。「ザ・シティ」の感想通り、クソゲーとまではいかなくとも、微妙ゲーでした。「ザ・シティ」をプレイしたことのある方は推して知るべし。

↓「ザ・シティ」のレビュー記事
ザ・シティ(The CITY):〜都市建設は豪快に采配しなけりゃ未来ナシ!

まぁ、「レースフォーザギャラクシー」の雰囲気は味わえるかな。イラストがまんまRFtGだからね。ただ、マニュアルにもコンボでゲームを盛り上げよう的なことが書かれていますが、RFtGであったようなコンボなんて、ぶっちゃけほとんどないです。

コンボって、色々な効果を組み合わせることによって、複合的に様々な戦略を生み出す要素だと思いますし、実際RFtGは結構な枚数のカードと色々な効果がありますし、生産なり出荷なり、王道はあれども、何度も遊ぶことで見えてくる新たな組み合わせが楽しいわけで。

しかし、この「ジャンプドライブ」ではぶっちゃけ収入&得点しかカード効果がありません。あるにはあるけど、深みのある効果や組み合わせはないと言ってしまって誤りないでしょう。そこに戦略性はない。

IMG_3345.jpg

そんな「ジャンプドライブ」。手軽に「レースフォーザギャラクシー」の雰囲気を楽しみたい時にはいいかもしれない。でも、そもそも手軽にRFtGを楽しみたい時ってどんなとき?みたいな。だったら最初からRFtGやるわい、と……。少なくとも2人プレイなら、RFtG一択。3〜4人プレイだったとして、もっさり展開が好ましくないなら、まぁ「ジャンプドライブ」かな。ただ僕なら、3〜4人の時は、経験者のみ集めてやるし……、初心者交えて複数人プレイはやらないし……、結局RFtGやるわな笑

手軽なのは間違いないけど、スピーディと良い方に取るか、大雑把で雰囲気だけと取るか。個人的にはやっぱり大雑把ととる。これは「ザ・シティ」の感想と同じです。こんなことなら、「ザ・シティ」を調整して再販してもらった方が良かったなぁ。RFtGファンが、RFtGのスピンオフを期待すると、ちょっとがっかりすると思う。

それはそれとして、副会長曰く、「トム・レーマンはダメだ」とのこと。確かに、彼のゲームはどうにも「う〜ん……」なものが多いですよねェ……。


↑「レースフォーザギャラクシー」の日本語版って再販待ちなんですね。プレミア価格でびっくり。あ、「ロールフォーザギャラクシー」も好きです。


タグ: 軽量級  2人でも  カードゲーム 

【キャッチ・ミー(Hasch mich!)】

【基本概要】
プレイ人数:2〜7人
プレイ時間:15分


キャッチミーイフユーキャン!


プレイヤーはネズミと猫に別れます。ダイスを振り、猫は出た色に対応するネズミを缶カラでとっ捕まえる。それだけ。

という、反射神経を競うだけのなんてことないゲームですが、これがおもしろい。特に子どもたちには大好評。多少大きくなると物足りないと思うけど、小さなお子さんのいる家庭ならマストバイ。でも1才年齢差があるだけでも、勝負に大きな差がでてしまうので、手加減のできる大人が必ず入りましょう笑

なお、「キャッチ・ミー」のコンパクト版である「キャッチマウス」は、缶入りのため持ち運びに便利ですが、手や指が挟まるとめっちゃ痛い! 持ち運びせず、主に自宅で遊ぶなら、ちょっと高めですが、「キャッチ・ミー」をお勧めします。

いろいろなところに持ち出すのであれば、「キャッチマウス」を。ただし遊ぶとき、特に子どもと遊ぶときには、十分に注意して遊んでください。また、子どもたちにも「当たったらめっちゃ痛いから気をつけてよ!!」と注意喚起することを強く推奨します。

マジで。缶に指を潰されたら泣きます。大人でも。

タグ: 軽量級  家族で  2人でも 

【 ルビーモンスターズ 】
IMG_2330.jpg
【基本概要】
プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:10分

グランディングの新作。「ダイヤモンスターズ」の姉妹作的タイトルかな。

内容としてはバッティング系カードゲームで、「ハゲタカのえじき」のアレンジバージョンみたいなプレイ感。

手札はみな同じで、1~5までの数字が書かれた5枚がセット。この中から1枚を選択し、もっとも大きい数字を出したプレイヤーが場に出ている宝物を獲得します。

他プレイヤーと同じ数字を出してバッティングしてしまったり、数字勝負で負けたりしたら、そのカードは手札に戻る。つまり、宝物を獲得したプレイヤーのみ手札が減っていく仕組みになっているのが特徴的です。

まぁつまり、ゲームが進むとプレイヤーの間で手札に偏りが生まれ、しかもすでにプレイしたカードは公開情報になりますから、それが読み合いにつながっていくわけです。

勝利条件が複数あることで最初はジレンマのポイントがイマイチ見えづらかったのですが、後半に進むに連れて勝ちそうなプレイヤーが見えてきて、読み合いに発展します。しかも勝利に近いプレイヤーほどプレイする手札を読まれやすいというのが、このゲームのうまいところ。

わかりやすい盛り上がりとしては「ハゲタカのえじき」ですが、心理面がより強く出るのは「ルビーモンスターズ」な感じ。当然ですが、気心の知れた友人とやる方が楽しいし、大人同士でやった方が確実に盛り上がりますね。そういった意味では「ハゲタカえじき」の方が懐は広い。


↑予約が始まりました。


まだAmazonでは取り扱っていませんでした。「ダイヤモンスターズ」もすでに取り扱いなし。それ以外のグランディング作品はまだ手に入ります。

タグ: 2人でも  軽量級  友達