「残穢」 小野不由美(ホラー)

結論から言うと、「怖くない、ゆえにおもしろくない」、というのが僕の感想です。

先ず、ルポルタージュ風味のホラー小説なので、読むのが辛かった。おもしろいかおもしろくないかと言われたら、間違いなくおもしろくない部類。ルポ風なので盛り上がりに欠け、淡々と起こった怪異とそれの調査が描かれる。この怪異と、その原因というか、伝播する穢れに対して怖さを感じるかどうかで、ホラー小説としての仕上がりが良いか悪いかの評価が分かれると思います。それはつまり、読者側の感性に本書の評価が大きく左右されることを意味しています。

マンションで畳をする音がする、人のいつかないマンション、団地、赤ちゃんの声を異常なまでに気にする以前の入居者……など、現代で起こる怪異ひとつひとつについては、身近さが相まって、恐ろしさを感じるものがあるのは事実です。しかし著者が調査を進めていくと、そうした怪異に関わる場所や時代が大きくまたがれることになります。すると、その怪異、本書での言い方をすれば穢れが、身近でなくなってしまって、恐ろしさが遠のいてしまいました……(人物も多く出てくるので、わけがわからなくなるってのもある)。

怪異というものは本来論理的科学的解明がなされないものであるにも関わらず、調査から見えてきた過去や歴史に理由をこじつけることで、読者を解明に無理やり導いている書き方も受け付けなかったのだと思います。原因があって怪異があるのはわかるのですが、その元(と思われる場所)に触れたから伝播して、さらに伝播した先の場所に触れた者がいるからさらに伝播して……という流れをわざわざ説明しているのが、なんともわざとらしい。

もっとも、この怪異が解決しているかどうかと言われれば、まったく解決しておらず、この怪異は無関係の人間に対して、今後も連綿と続いていくわけですから、そのあたりがホラーのお約束として機能しているのだと思いますが……、本書全体としてみると、先に述べたとおり、「怖くない、ゆえにおもしろくない」……、これが僕の感想でした。

小野不由美は好きな作家ですけど、もう少し違う形での新刊を期待します(「十二国記」の新刊とかね笑)。

それにしても、綾辻行人&小野不由美の夫婦は、最近パッとしないなぁ。



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

タグ: ホラー 

スポンサーサイト
「クドリャフカの順番」 米澤穂信(角川文庫)

「愚者のエンドロール」では、主人公であるホータロー(主人公・折木奉太郎)が苦味を噛みしめる結果となりましたが、今作「クドリャフカの順番」ではホータローを始めとする幾人かが持つ類稀なる才能に対し、持たざる者が感じてしまう劣等感がクローズアップされ、それが“期待”というキーワードで紡がれています。

作品はこれまでのホータローの一人称から変わり、古典部メンバー全員の一人称で進むという構成で、それぞれの内面がより際立つようになっているので、前々作「氷菓」、前作「愚者の~」を読んできた読者にとっては、新鮮な気持ちで読むことができます。


あらすじ。文化祭に向けて文集を作ってきた折木奉太郎たち古典部のメンバー。しかし、手違いで文集「氷菓」を多く刷り過ぎてしまった。部員たちが文章を何とか売ろうと奮闘する中、学内では奇妙な連続盗難事件が発生。ドリンク、碁石、タロットカード、おたま……。現場には、“十文字”なる人物による犯行声明書! 古典部は、この事件を解決して知名度をあげようと画策する、……という。


いきなり言ってしまうと、今回のホータローの推理はハンパない。「氷菓」「愚者のエンドロール」での推理では、ホータローやるなぁと感じたとしても、それはあくまで探偵役止まりの活躍でした。でも今回の「クドリャフカの順番」では違います。探偵役じゃない。名探偵です。本格推理物に出てくる名探偵顔負けの推理です。しかも安楽椅子探偵で事件を解決……笑

おいホータロー! その無自覚は、探偵役志願の周囲の人間には辛辣だぞ!

……ということで、いくつかの点で前作「愚者の~」と対になっている点がおもしろい。入須が言った「君は特別よ」という言葉をはからずも実証してしまったホータローと、才能ある者の無自覚は辛辣という事実を突き付けられた、その他の人々。この構成、うますぎる。

本人は全然そんな自覚はないし、学内のほとんどの人間もホータローは特別であるということを知らない。作中で彼を特別だと思っているのは、ホータローを除く古典部の面々くらい。しかし、実は読者だって知っているのです。ホータローは特別だ、と。

そして、はたと気付きました。ああ、そうか。古典部には5人目のメンバーがいた。ホータローを認める5人目のメンバーが。それは、僕だ。読んでいるうちに、自分は古典部のメンバーになっていたんだなぁ……。ここまで来たら、古典部シリーズは読み続けるしかないっす笑


------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------

さて、ここからは読み終わった人にしかわからない書き方をします(よって、ネタバレにはならないと思いますが……、気になる方は見ないでください)。

読み終えて、正直、「なぜ“クドリャフカの順番”は描かれなかったのだろう」ということを疑問に思いました。熱が冷めてしまったと言えばそれまでなのですが、ちょっと弱いかな、という気がしたのです。

で、ネットで感想を漁っていたときに回答を与えてくれたのが、この記事↓

(ネタバレなので、未読/未見の方は絶対に読まないように)
アニプレッション こんなにも面白い『氷菓』の世界 第17話
http://anipression.doorblog.jp/archives/51360467.html



「あの人物は、なぜ“クドリャフカの順番”を描かなかったのか?」
      ↓
「3人でワイワイすることが楽しかったから」

腑に落ちた。むちゃくちゃ納得してしまった。これ。まさに、これだと思う。

そうなんですよね。何かを成し遂げるときに、その何かを成し遂げること自体が大事な場合と、笑いながら騒ぎながら成し遂げることが大事で、成し遂げるべき何か自体は大事ではない場合ってあるんですよね。今回の話は、そのあたりのすれ違いが生んだ苦い一面なんだと思いました。

ここでも、前作「愚者の~」との対比があります。「愚者の~」のラストで本郷は、「いちばんの望みは、みんなで、できたってばんざいすることでしたから」と言っています。本作を読み終えた後、物語に連続性はないけれど前作「愚者の~」のラストを想起させるという構成。……うまい、うますぎる。

 「愚者のエンドロール」 米澤穂信(角川文庫)

前作「氷菓」を読み終えた際には、「続編は読まなくても良いかなぁ」なんて思っていたのですが。漫画版がすこぶるおもしろったので、慌てて(?)kindleで購入し、読了した次第。で、感想。

前作「氷菓」のレビュー:読書記録:「氷菓」 米澤穂信(角川文庫)

「氷菓」含めこのシリーズは、漫画やアニメなどのグラフィカルなメディアの方が映えると思いますが、こと「愚者のエンドロール」に限って言えば、小説の方がオススメです。なぜならば、主人公・折木奉太郎の心理面がより深く読み取れるからです。それくらい、今作に置いては折木奉太郎の心理作用が重要な役割を果たします。それはトリックや推理において、という意味ではなく、物語として、そして主題として、という意味です。


あらすじ。
文化祭に出展する自主製作のミステリ映画の試写会に招待された、折木奉太郎を始めとする古典部のメンバーたち。その映画では、鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。しかし、映画はそこで終わっていた。誰が? どうやって? 解答が示されていない映画に対し、校内で“女帝”との異名を持つ入須冬実は、この未完成の映画の結末を推理し、映画を完成させる協力をしてほしいと願い出る。俄然やる気を出した千反田えるに巻き込まれる形で、古典部のメンバーは結末探しを始めるが……。


このあらすじで「ちょっとおもしろそう」と感じたら、迷わず書店へゴー! あるいはKindleでダウンロード! さすが米澤穂信、映画を完成させて終わりではないところが非常にうまい。このプロットというか構成は、前作「氷菓」に似ています。青春ミステリというのでしょうが、苦味もかなり強い。たぶん前作よりも強いのではないでしょうか。

相も変わらずキャラ造形は不自然でラノベですが、人の死なない日常系ミステリという分類の中では、(個人的には)一番好きです。ぜひ前作「氷菓」とワンセットで読んで頂きたい。


余談。作者はあとがきにおいて、バークリー「毒入りチョコレート事件」について言及してますが、まぁ、似て非なるもの、というやつですね。「毒入り~」よりも断然「愚者の~」の方がおもしろい。古典だから仕方ないのかもしれないけど、「毒入り~」は盛り上がらないし、終盤まで退屈なんですよね……。

レビュー:「毒入りチョコレート事件」(新版) アントニイ・バークリー(創元推理文庫)

タグ: ミステリ  ラノベ 

「氷菓」 米澤穂信(角川文庫)

「満願」でその底力を知らしめてくれた米澤穂信の代表作のひとつである、<古典部>シリーズ。その第1作目。読んでみました。ライトノベル風で、200ページしかないので、2時間もかからずに気楽に読めます。


あらすじ。
「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーにしている省エネ高校生・折木奉太郎は、成り行きで古典部に入部することとなる。そこで千反田えると出会った奉太郎は、ひょんなことから、学校生活という日常に潜む謎を解き明かす役回りとなる。やがて古典部は、33年前の謎と関わるようになり、それは千反田の過去と交差することに……。


……という内容。古典部の文集「氷菓」にまつわる謎を縦軸にして、学校生活で起こる複数の謎解きがおさめられています。連作短編といった趣きか。なんてことのない謎解きでも読む者の集中力が途切れないのは、本作最大の謎である古典部33年前の事件の出し方が思わせぶりで、非常に上手だからだと思います。

クライマックスは、33年前の事件にまつわる古典部文集『氷菓』の、奇妙なタイトルに込められた意味が明らかになるところ。「省エネ」が信条の奉太郎は、怒ることも疲れるからと、あまり怒らない日々を過ごしている。にも関わらず、この時ばかりは、静かな怒りをたぎらせる。ここが一番のポイント。

ゆえに、この物語は単なる青春推理物ではなく、周りに巻き込まれる形ではありますが、奉太郎の(ちょっとだけ)成長物語であるといえるのです。うーん、おもしろかった! 素直にそう言います。

ただこの作品は、かなりライトノベル寄り。正直に言って、登場人物のキャラクター像にかなりの違和感があります。一言で断じると明らかに過剰なキャラ造形。悪く言うとキモチワルイ。こんなに老成した高校生はいないし、会話もラノベ風味で不自然感バリバリ。大人が読むのには、相当の忍耐が必要だと感じました。

ですから、漫画もしくはアニメに向いている作品ともいえます。漫画は小説原作をかなりストレートにコミカライズしておりますので、ぜひ漫画を読んでみてください。キャラクターたちに違和感はなく、非常におもしろいです。アニメは観ていませんが、観てみたいと思わせるだけの画力と構成。いや、きっと観るのでしょうね笑

興味のある方は、娯楽としてどうぞ。興味のない方も、米澤穂信の代表作ですから、軽い気持ちで一読してみては。

↓<古典部>シリーズ。人気シリーズなだけあって、結構なタイトル数です。


↓そしてそのコミック版とアニメ版。個人的には、小説版は打ち切って、コミック版を読んでいる次第。

タグ: ミステリ  ラノベ 

「マップス」 長谷川裕一(コミックフラッパー)

おもしろかった! すごくおもしろかった。長谷川裕一のSFスペースオペラ。さすがの長谷川節。

古臭い絵柄が受け付けない人には受け付けないだろうけど、「クロスボーンガンダム」とかで長谷川裕一に慣れていれば、まず問題ない、大丈夫。というか、もう30年前の漫画ですから、その点はお察しして頂ければ……。まぁ、この人は絵柄が変わらないっすねェ笑


あらすじ。普通の高校生だった十鬼島(ときしま)ゲンの前に突如現れた、人の形をした巨大な宇宙船。それは宇宙海賊、リプミラ・グァイスが駆るリプミラ号であった。リプミラは、秘宝“風まく光”を探していた。そしてその秘宝のありかを示す地図が、“さまよえる星人”の最後の子孫であるゲンであった。ゲンは、異星人同士の戦いに巻き込まれる形で、リプミラとともに宇宙へ旅立つ。それは、太古の昔から予言されていた勇者ダイナック・ゲンの伝承の始まりであった……。


と、これだけ書くと、秘宝とか予言とか、本当にスペースオペラ?と疑いたくなるようなチープなストーリーに感じてしまうのですが。とんでもない。この作品、とにかくスケールがデカい。気が遠くなるくらい。銀河系全部を取り囲む銀河障壁とか、たくさんの銀河を内包した宇宙がたくさんある宇宙群とか。それくらいのストーリーとスケールの広がりを持ちつつも、最後には全ての伏線に決着をつけ、見事にストーリーを完結させるという。だらだらと引き伸ばされて何巻も何巻も続く今の漫画とは対照的。この美しい終わり方は、僕のバイブル「うしおととら」に通ずるものがあります。

伝承の通り、“青き円卓”に“十の魔物”と“七つの軍団”が集うシーンなんかは、カッコよすぎて鳥肌と武者震い。何度同じシーンを読み返したことか。長谷川裕一天才過ぎる、と、作者に対して畏敬の念を抱いたシーン。漫画としてはイマイチ人気の出ないスペオペが題材なので、人を選ぶかもしれないですが、おもしろい漫画をお探しの方は、ぜひご一読ください! 絶対に損はさせません。おっぱいもいっぱい出るし。

↓本編の他に、続編や外伝が出ています。

タグ: SF  コミック