【 カヤナック(Kayanak) 】
IMG_3073.jpg
【基本概要】
プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:20分

ハバ社の体感型ゲームの傑作。氷原に釣り穴をあけて魚を釣ろう!というゲーム。

箱そのものをゲーム盤として使います。ボードが重ね蓋になっていて、箱の中に魚に見立てた鉄球をばら撒きます。そしてA4用紙を氷に見立てて穴の空いた氷原ボードに挟み込みます。すると、氷の下で魚が泳ぐ氷原の完成! この氷原にピッケルで穴を空ける=A4用紙をぶち抜いて、マグネットのついた釣り竿で魚=鉄球を釣り上げるわけです。

テーマや見た目からして、子ども向け! ダイスを使った移動や邪魔のしあいはありますが、深いゲーム性はありませんし、若干の蛇足感が漂うスパイス程度。しかし、絶大なる体感蝕が子どもと大人を魅了すること間違いなし!

穴を開けた時の「ギュポッ」という音と感触が心地よい! さらには魚が引っかかった時の「カチッ」と伝わってくる感触も快感すぎる!!

このふたつの体感がこのゲームの肝。親御さんには、ぜひこの感触とごっこ遊びでお子さんのイマジネーションを育てて頂きたいですね! 何れにしても、一連の行動が繋がっていてストーリー的に非常にわかりやすく、まさに知育玩具的意味合いをもつボードゲームであり、ハバ社の傑作と言えます。

アナログゲームに疎い日本の親御さんには、ぜひ触れて衝撃を受けてもらいたいタイトルです。新版が流通していますので、ぜひ体感してみてください。

IMG_3074.jpg
↑ボードの下に見えるのはいわき市内のチラシ笑 雰囲気まで楽しむなら、もったいなくても白いコピー用紙を使いましょう^^;

ちなみに、僕はアレンジで付属の鉄球に加え、パチンコ玉をばらまいてます。パチンコ玉は結構な重量があり、釣り上げた時の満足感は非常に大きいです。その際には、小玉1点、中玉2点、パチンコ玉3点にしてます。得点幅が大きくなってゲームが大味になりそうだけど、そもそも子ども向けなので、感触第一で笑


↑現在流通しているものは新版。旧版は絶版のようです。ですが、旧版の方が箱絵もコマも好みです。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 家族で  軽量級  2人でも  アクション 

Secret

TrackBackURL
→http://turnthetide.blog.fc2.com/tb.php/565-6ca45373