【 ジャンプドライブ(Jump Drive) 】
IMG_3344.jpg
【基本概要】
プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:15分

巷では「レースフォーザギャラクシー(Race for the Galaxy)」をスピーディに楽しめると言われており、RFtGファンの間では若干話題になっているカードゲーム、「ジャンプドライブ(Jump Drive)」。

自分もRFtGファンのひとりですから、これはやらねばなるまい!と早速購入してプレイ。しかしながら、まぁ、前評判から「ザ・シティ(The City)」リメイクと言われていた通り。RFtGとはまったくの別ゲーム。「ザ・シティ」の感想通り、クソゲーとまではいかなくとも、微妙ゲーでした。「ザ・シティ」をプレイしたことのある方は推して知るべし。

↓「ザ・シティ」のレビュー記事
ザ・シティ(The CITY):〜都市建設は豪快に采配しなけりゃ未来ナシ!

まぁ、「レースフォーザギャラクシー」の雰囲気は味わえるかな。イラストがまんまRFtGだからね。ただ、マニュアルにもコンボでゲームを盛り上げよう的なことが書かれていますが、RFtGであったようなコンボなんて、ぶっちゃけほとんどないです。

コンボって、色々な効果を組み合わせることによって、複合的に様々な戦略を生み出す要素だと思いますし、実際RFtGは結構な枚数のカードと色々な効果がありますし、生産なり出荷なり、王道はあれども、何度も遊ぶことで見えてくる新たな組み合わせが楽しいわけで。

しかし、この「ジャンプドライブ」ではぶっちゃけ収入&得点しかカード効果がありません。あるにはあるけど、深みのある効果や組み合わせはないと言ってしまって誤りないでしょう。そこに戦略性はない。

IMG_3345.jpg

そんな「ジャンプドライブ」。手軽に「レースフォーザギャラクシー」の雰囲気を楽しみたい時にはいいかもしれない。でも、そもそも手軽にRFtGを楽しみたい時ってどんなとき?みたいな。だったら最初からRFtGやるわい、と……。少なくとも2人プレイなら、RFtG一択。3〜4人プレイだったとして、もっさり展開が好ましくないなら、まぁ「ジャンプドライブ」かな。ただ僕なら、3〜4人の時は、経験者のみ集めてやるし……、初心者交えて複数人プレイはやらないし……、結局RFtGやるわな笑

手軽なのは間違いないけど、スピーディと良い方に取るか、大雑把で雰囲気だけと取るか。個人的にはやっぱり大雑把ととる。これは「ザ・シティ」の感想と同じです。こんなことなら、「ザ・シティ」を調整して再販してもらった方が良かったなぁ。RFtGファンが、RFtGのスピンオフを期待すると、ちょっとがっかりすると思う。

それはそれとして、副会長曰く、「トム・レーマンはダメだ」とのこと。確かに、彼のゲームはどうにも「う〜ん……」なものが多いですよねェ……。


↑「レースフォーザギャラクシー」の日本語版って再販待ちなんですね。プレミア価格でびっくり。あ、「ロールフォーザギャラクシー」も好きです。


関連記事
スポンサーサイト

タグ: 軽量級  2人でも  カードゲーム 

Secret

TrackBackURL
→http://turnthetide.blog.fc2.com/tb.php/566-2d4e04a5